Gv 2008.9.14   

今週も先週と同じ方針。
攻め落としたら防衛スタイル。

【結果】
V3 §パルプンテ§
C5 NERO

【総評】
Gv時間のほとんどがV3攻防。ME連の防衛は厚かった。
前衛の数はそうでもないけど、後衛、特に♯軍団が印象が強い。
♯は土属性だろうからアンフロ風鎧だと即死っぽかった。もちろん魔法もあるわけで。
ME連の防衛自体もロキは階段上で直接殴れない上に、献身かかっててロキ再展開も早い。
LPカウンターも早くて素晴らしい防衛でした。実際、途中までほぼ完封されたほどです。
崩すきっかけとなった高回転突撃。相手に余裕を与えない持続的な攻めの強みを感じました。
人数のアドバンテージがなかったら落とせなかった気さえするのが個人的な本音。
V3は防衛に回った時思ったけど、なんとなく守りにくいみたいだなぁ。
ロキは一段上に置けば落とされにくいから結果的に堅いんだろうけど
2段目がロキで埋まるから、後衛配置できないし3段目だと魔法が届かない?とかなんとか。
EMCもやりにくいっぽかったし。ただ単にV3防衛に慣れてないだけかもしれないけどね!



20:00~ 偵察で防衛砦を探す

20:04~ V4 防衛:鷹連
恐らく1MAPで全軍防衛だったと思う。
砦前にて待機。突入カウントの後、入る。
入ったらかなりの数が見えるものの、広い分抜けやすい。
抜けてERまで行くとほとんどガラガラだったので、1MAPでの防衛を主眼に置いてたのかな。
ERでは、10人ちょいくらい見えましたがなんとか割ることに成功。
防衛に入ります。

20:20~ V3 防衛:ME連 攻め:暁連+ケット ←EA連介入
共闘なしで、まず3MAPで争いになります。
相手がER突入をかけてる間にER前を制圧し、後ろから来るのを迎え撃ちます。
このあたりはひどい重さで、まともに動けないほど。
平地での乱戦になりますが、こちらが有利に進む。

20:40  V3 暁連+ケット撤退
ここからME連と一騎討ち。
まず最初の突入に入りますが、HPの減りがやばい。
スナが2~3人くらいで♯を撃っている。+魔法弾幕という形。
LPが展開出来ても、LP返しも早くてなかなか突破口が見いだせない。

21:10~
出来る限りの高回転突撃を行い、相手の消耗を狙う。
これを行ってから割とすぐ、LPが展開出来る。
自分はここでADSでロキを狙い、献身ごとロキ落としにかかる。
ロキ破壊に成功し、入口制圧。ここを基点にして押し込む。
平地戦に持ち込めば、EAの強みを出せるわけでライン押し上げはスムーズにいった。

21:20 攻守交代
パルプンテでブレイク。そしてすぐに防衛ラインを敷く。
ME側も攻めてきていましたが、防衛網は完成。
何度かLPが展開され、無詠唱SGも飛んできてちょっと危ない場面もありましたが
ME側の攻めを退けることができました。

21:50 ME連撤退
ここから急いで、派遣を行う。
NEROアリスでC5。上手く取れたようです。
それでも最後は冷や冷やだったそうですがw

21:55~ C2 防衛:箱庭
Euで奇襲かけてみる。
実際は行ってみただけで時間なくて、攻めと言える程の事は何も出来なかったんですけどね。

以上です。
[PR]

by tasi-desu | 2008-09-15 03:16 | Gvレポート

<< Gv考察3 クリエのステ(一部... 魔力の書第一巻 >>