Gv 2008.8.10   

今週もV4防衛からでした。
攻め手にはLE連。どうやらケットシーと紅を雇っていたという話。
レポは適時、更新。@1版

[結果]
B4 Euphoria

[総評]
久しぶりの大規模戦。結果は敗戦。
感想としては悔しいね。
今回は人数が少なかったのもあり厳しい戦いだった。開始時点で2PC込み50弱くらい?
対するLE側は傭兵も加わってたのもあってかなり多く見えた。
開始すぐEMCにより暫定的にERで防衛ラインは作ったものの、
早い段階で3MAPを制圧されたため、満足のいく遊撃体制が整う前に
あっさりER進軍を許してしまったのが落城の原因の1つと思う。
ただ、得意の平地戦では、エンペ付近でもう少し粘れなかったものか。
ER制圧されこちらが攻めに転じた後は、早めに攻め切りLE側を制圧解除させるが
そこからが苦しかった。
約1ヶ月前、L4放棄のため商業値を減らす作戦の際、鷹連の妨害があったがGv前半、
ERを制圧されたとき10分かからないくらいで防衛を崩せたのは鯖が軽かった。
しかし、後半に入ると防衛を崩すのも時間がかかるようになった。
今回も同様、制圧されてからはそんなに時間かからず制圧解除させたが
後半に入るにつれ、重力が激しくなると崩すのが厳しかった。
もちろん全く歯が立たないわけではなく、攻め落とす好機は何度かあったものの
それを生かせなかったと言うのもあるけれど。
1時間50分程度戦ったが結局崩せなかった。
傭兵のケットはやはり強い。ER入り口を殲滅し、攻め立てる場面でケットの後ろからの迎撃は
こちらの攻めを上手く妨害できていた。ER防衛時もケット前衛は厄介だった。
L4を防衛して以来、普段は攻めはほとんどなく
暇防衛から来る油断やV4防衛の不慣れさが出た感じ。
この時代、長期防衛はやはり厳しいのかもしれませんね。

秋と言えば台風が日本列島を暴れまわりますが、お盆が過ぎればそんな季節ですね。
早く涼しくなって欲しい・・・。

軽く流れはここに書きましたが、詳細なレポートは以下よりどうぞ。



19:50~ V4移動

19:55~ LE連が攻め手として登場
数は多く、こちらを上回ると言う情報が入る。

20:00~ スタダ対策を行いつつ1MAPにて封鎖開始
早めにこちらはEMC。敵も3MAPにてEMCして進軍してくる。
と、同時にこちらは遊撃に出て妨害を行う。
こちらの遊撃陣も上手く機能することが出来なかったためか3MAPを制圧される。
程なくしてER突入されることとなる。
死に戻り中でこの過程はわからないが、Euはエンペ付近にてEMC。
敵陣はER中腹まで達していたので、最終防衛線として乱戦を展開。

20:10~ 制圧される
乱戦でもこちらが劣勢だったようで、制圧される。
奪還すべく攻めへと移行。
3MAPにて突入する。さすがに1度では上手く行かないが、崩せる手応えは感じる。

20:32~ LE制圧解除
およそ20分で制圧解除させられたので、まずまずの出来かと。
その後も同様に攻めを行う。
少しずつ、重くなって動きにくくなり始める。

20:50~ 防衛破壊のチャンス到来
ロキ破壊し、敵EMC。ER入り口はガラガラになる。
ここで一気に攻めたいところ。
だがケットシーによる背後からのバックアタック。攻めを乱してくる。
構わず攻め入りたいところだが、思うように行かず防衛復旧となり振り出し。
これに前後してペコ連、箱庭が来ていた。割とすぐ帰ったみたいだけど。

21:08~ 決定打不足
ロキ破壊やLP展開による攻めはそこまで難しくない。
しかし人数不足の影響か、ロキを無効化出来てもそれに続くことができない。
よって、攻めきれないという状態が何度も続く。

21:30~
そろそろ転進するかどうかの話も出る。が、ここで引くわけにも行かないので攻める。
情勢は相変わらず、攻めに1歩足りない。
入り口は崩せるものの、それに続かないもどかしさ。

21:50~ B4転進
残念ながら、防衛を崩せず撤退へ。
ハラペコ10人程度の守るB4へ行き、制圧。
EuはB4守り、2砦目はB3。

21:57~ B4ブレイク
箱庭が攻めてくる。3MAPでEMCされ、ERへ入ってくる。
が、すぐタイムアップでした。
[PR]

by tasi-desu | 2008-08-11 13:13 | Gvレポート

<< Gv 2008.8.17 We love Euphoria!! >>